スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yaboot 

デュアルブートについて書いたのに、yabootについて書いてないことに気づきました。何やってんだか。

yabootは、OSXとLinuxをデュアルブートするのに必要なもの。パソコンを立ち上げたとき、どっちのOSを使うかを選ぶ。lとタイプしたらLinuxが起動、xとタイプしたらOSXが起動、cとタイプしたらCDから起動となります。

前に書いた方法でインストールすれば、Ubuntuのインストーラが勝手に設定してくれます。でも、いじって設定を変えたい人もいるはず。今日はその方法。

まず、/etc/yaboot.conf を書き換えていきます。書き換えるには管理権限が必要。だから、

$ sudo gedit /etc/yaboot.conf


とか

$ sudo emacs /etc/yaboot.conf


などのようにして、パスワードを入れて書き換えていく。

以下に、ぼくの /etc/yaboot.conf を貼ります。編集例として、参考にでもしてください。

## yaboot.conf generated by the Ubuntu installer
##
## run: "man yaboot.conf" for details. Do not make changes until you have!!
## see also: /usr/share/doc/yaboot/examples for example configurations.
##
## For a dual-boot menu, add one or more of:
## bsd=/dev/hdaX, macos=/dev/hdaY, macosx=/dev/hdaZ

boot=/dev/hda2
device=/pci@f4000000/ata-6@d/disk@0:
partition=4
root=/dev/hda4
delay=1
defaultos=macosx
timeout=50
install=/usr/lib/yaboot/yaboot
magicboot=/usr/lib/yaboot/ofboot
enablecdboot
macosx=/dev/hda6

image=/boot/vmlinux
label=Linux
read-only
initrd=/boot/initrd.img
append="quiet splash"

image=/boot/vmlinux.old
label=old
read-only



デフォルトと違う部分はdelay、defaultos、timeoutの3つ。delayはOSを選ぶまでの時間(秒単位)。何もキーが入力されなければ、defaultosで設定したOSが起動する。timeoutは、yaboot 起動後,何も入力されなかった時に,default が実行されるまでの 待ち時間(1/10秒単位)。defaultは特に設定しなくてもいいと思います(実は何なのかよくわかっていない)。

以上のような設定をした後、次のコマンドを入力。

$ sudo ybin -v


vオプションはなくても構わないけど、きちんとyabootがインストールされたか確認できるので、つけとくといい。このあと再起動すれば、きちんと設定が反映されているはず。

スポンサーサイト

コメント

30代,40代で転職してフリーライター

フリーライターは、自分の得意なテーマで雑誌などの記事を書く http://etc.misterblackband.com/

差押の対処マニュアル

差押の検索サイト。参加、預金、年金、給与、差押命令など差押に関する各種情報をお届けしています。 http://garment.tallmadgetitan.com/

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://macubuntu.blog102.fc2.com/tb.php/9-2f924273

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。