スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

anthy-el 

今日は、anthy-elについて。

Ubuntuでの日本語入力は、デフォルトでSCIM+Anthyという組み合わせ。前に使っていたVineLinuxでもこの組み合わせだったと思います(Vineの使用期間が短かかったのであまり思えてません)。ちょっと前まではcannaが主に使われてたのに、いつの間にかanthyが主流みたいになっています。

Geditとかを使うときは全く問題ないのですが、Emacsで使おうとすると、うまくいきませんでした。そこで、anthy-elを探して、インストール。

$ sudo apt-get install anthy-el


いつものようにターミナルを立ち上げて、上のようにしてインストールを完了。

あとは、.emacs.elに以下のようなものを追加し、Emacsを再起動すれば使えるようになるはず。

(load-library "anthy")
(setq default-input-method 'japanese-anthy)
(global-set-key "\C-o" 'anthy-mode)



最後のは、C-o で anthy-mode にする設定です。なくてもいいけど、C-\とタイプするのが面倒くさいのと、C-o なんて滅多に使わないので、こうしています。自分で考えたのではなく、どこかに書いてあったのを真似しているだけですが。Lispなんて使えません。

最後に、anthyの使い方について、簡単にメモ。

・通常時
C-o … anthy-mode起動
l … 英数モードにする
C-j … 日本語モードにする
・変換時
C-i … 文節を短くする
C-o … 文節を長くする
C-f … 次の文節の変換に移る
C-b … 前の文節の変換に戻る
C-m … 変換確定(ReturnキーでもOK)

他にもいろいろ機能があるかもしれないけど、今のところこれで足りてます。

これで、日本語関連については一通り環境が整いました。めでたし。
スポンサーサイト

コメント

キャッツアイ

キャッツアイの検索サイト。木更津キャッツアイ、カラオケ、宝石、沖縄、札幌などキャッツアイに関する各種情報をお届けしています。 http://clop.santamonicatravelodge.com/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://macubuntu.blog102.fc2.com/tb.php/8-1398a15f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。