スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntuのインストール 

今日はUbuntuのLiveCDを使って、早速Linuxをインストールしたときのメモです。

あらかじめ切っておいたパーティションにUbuntuを入れていきます。いつも通り、CDを入れてCキーを押して起動。live-powerpcとタイプして、Ubuntuを起動。デスクトップにインストールのアイコンがあるから、ダブルクリック。後は指示に従っていろいろ設定していく。

そして、パーティションの設定のところまできたら、「手動で~」を選ぶ。mac-fdiskできちんとパーティションが切れていればほとんどやることはありませんね。僕の場合は、/dev/hda4に/を割り当てるので、これを選んで、ファイルシステムとしてext3を選び、マウントポイントに/をタイプ。後は、そのままインストールしていけばいい。ログインネームなどを聞かれるのでいろいろ決めていき、最後にスワップとルートがきちんと入れようとしているパーティションに割り当てられているかを確認してから、インストールボタンを押して、後は待つだけ。

Ubuntuに対して、ほとんど不満はないんですけど、実はインストーラだけがどうも扱いにくい。今まで使ったディストリビューションでは見たことないインストーラでした。もしかしたらDebian系は全部こういうインストーラなのかな。Debian系のディストリビューションを入れたのは初めてなので、よく分かりません。

具体的にどこが不便だったかというと、「今あるLinuxに上書きする」というような選択肢がなかったこと。VineLinuxとかはこれがあったので、比較的簡単にインストールできました。でも、Ubuntuの場合は、「ハードディスク全部使って入れる」、「連続している最大の空き領域に入れる」、「手動でパーティションを割り当てて入れる」という選択肢しかない。デュアルブートをしようと思っているので最初の選択肢は論外。2つ目の選択肢でやったら、パーティションの順番がぐちゃぐちゃ。しょうがなく、手動で行った訳です。

もう一つ不便だったのが、手動でパーティションを切るとき、容量を割り当てるのがうまくいかないこと。なんか容量の単位がメガバイトに統一されてるみたいで、ブートパーティションに800KB割り当てようとしてもできませんでした。小数点を使って入れようとしてもできないし。これはいつか修正するのかな?

こんな理由でわざわざmac-fdiskを使ってパーティション分けをした訳ですが、これでもまた問題。mac-fdiskでブートパーティションにきちんと800KB割り当てたのに、Ubuntuのインストーラではきちんと認識されていなくてゼロになっていました。また、スワップ領域の容量も微妙に違っているし。でも、これらは無視してもきちんとインストールされたので、気にしなくてもよいかと思います。

最後にもう一つ。Ubuntuのインストールですが、できるだけ朝ないし昼に行った方が良いようです。夜にインストールする人が多くてサーバに負担がかかっているのか、言語パッケージなどをダウンロードしたりするのが非常に時間がかかるときがありました。朝や昼にインストール作業を行ったときはかなり早く済んだので、そっちの方がいいと思います。

スポンサーサイト

コメント

カレンダー・ポスター・パンフレット

カレンダー・ポスター・パンフレットを探すなら http://www.mladickrealty.com/200162/101308/

証券アナリストになるために

証券アナリストの検索サイト。難易度、年収、資格、試験、勉強法など証券アナリストに関する各種情報をお届けしています。 http://gastroenteritis.atmormortgage.com/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://macubuntu.blog102.fc2.com/tb.php/5-a07d9acc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。