スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PPC版UbuntuにBerylをインストール 

今日はちょっと今時な話題。

Berylです。PPC版のLinuxでBerylを導入しようとすると、たいてい問題が起こります。Fedoraでは、インストール自体は結構簡単にできたんですが、Beryl起動したら画面が真っ青になりました。僕の顔も真っ青…。xorg.confとかいじれば何とかなるんだろうけど、そんな技術は持っていない。

Ubuntuは、7.04からデフォルトでデスクトップ効果が入っています。でも、Berylにすれば、もっといろいろ楽しめる。ちょっと前に、やっと簡単な導入方法が見つかったので、メモします。

まず、Gnome端末を開いて、以下のコマンドを入力。

$ wget http://ubuntu.beryl-project.org/root@lupine.me.uk.gpg -O- | sudo apt-key add -



パスワードを入力したら、OKと表示されるはず。プロンプトが表示されたら、/etc/apt/sources.listを編集していく。以下のものを追加すればOK。

deb http://ubuntu.beryl-project.org feisty main
deb-src http://ubuntu.beryl-project.org feisty main



具体的には、下のようにすればいいはず。Gnome端末を開いて、コマンドを入力。

$ sudo echo 'deb http://ubuntu.beryl-project.org feisty main' >> /etc/apt/sources.list
$ sudo echo 'deb-src http://ubuntu.beryl-project.org feisty main' >> /etc/apt/sources.list
$ sudo apt-get update



最後に、いよいよ、Berylのインストール。下のコマンドを入力して、インストールを完了する。

$ sudo apt-get install beryl beryl-manager emerald-themes



以上で、インストール作業は終わり。Gnome端末で以下のコマンドを入力すれば、無事起動するはずです。

$ beryl-manager



うちの環境(iBookG4 1.2GHz)では問題なく動きました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://macubuntu.blog102.fc2.com/tb.php/20-b8809c2a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。