スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linuxのフォント 

今日はフォントについてのメモ。

正直な話、これはどうでもいいといえばどうでもいいです。Ubuntuは最初から結構いいフォントが入っています。それでも十分だけど、ずっとUbuntuを使いつづけるとは限らない。今回のバージョンから公式サポートはなくなったし、いつまでPPC版が出てくれるかわからない。今まで入れてみたディストリビューション(YDL、Vine、FedoraCore)は、実際あまりフォントがよくなかった(今現在どうなってるかどうかはわかりません)。将来に他のディストリに替えたときにフォントを変えたくなるときがあると思う。忘れないためにも、今回メモ。

まず気に入ったフォントを探す。ぼくは以下のサイトに置いてあるものを使わせてもらいました。感謝。

http://mix-mplus-ipa.sourceforge.jp/

展開して、コマンドラインからインストール作業していきます。以下、落としてきて展開したディレクトリがホームディレクトリにあるものとして進めていきます。

$ sudo mkdir /usr/share/fonts/truetype/mplus-ipa/
$ cd mixfont-mplus-ipa-TrueType-20060520/opfc-ModuleHP-1.1.1_withIPAFonts_and_Mplus/fonts/
$ sudo cp *.ttf /usr/share/fonts/truetype/mplus-ipa/



あとは、メニューから、システム>設定>フォント、と選んで進んでいく。アプリやドキュメントのなどのフォントを、それぞれ好きなものに設定すればいい。ただ、ブラウザなど一部のアプリは、編集>設定、と進んで各々設定しなければいけないから、忘れないようにする。
スポンサーサイト

コメント

ロールスクリーン

ロールスクリーンを探すなら http://www.mnpainctr.com/100804/205678/

コンタクトレンズ・ケア用品

コンタクトレンズ・ケア用品 http://leanly.archiunite.net/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://macubuntu.blog102.fc2.com/tb.php/12-b2ccacd8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。