スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PPC版LinuxでYouTubeを見る 

久々の更新です。

LinuxをOSXと一緒に使いはじめて、大抵のことはLinuxでもできることがわかってきています。使い易さはやっぱりOSXのほうが断然いいですが、慣れればLinuxでも平気ですね。むしろ、ぼくは昔から自分でいろいろいじくるのが好きなので、もっといろいろ知識が増えれば今以上に楽しめると思う。

ただ、どうしようもないのが、Flashです。Gnashというのをインストールすれば少しは解決するというのは、PPC版Linuxを使っている人はほとんどが知っていると思うけど、実はこれだけでは、かの有名なYouTubeは見られない。ページは表示されるようにはなるけど、ビデオは再生されない。これじゃあ意味がない(笑)

今まではYouTube対策としては、まずGnashを入れて、その後FirefoxをVideoDownloaderを入れていました。動画を落としてから、そのファイルを再生して見ていました。でも、これは2度手間。YouTubeにアップされているチュートリアルなど、なにかと見ることが結構あるので、なんとかならんもんかと数ヵ月考えていたところ、やっと簡単に身る方法を見つけました。

使うソフトは、Democracyというもの。何とこのソフト、YouTubeだけでなく、GoogleVideoやYahoo! Videoまで見れます。すごいソフトを見つけてしまった(笑)これではパソコンから離れられなくなる・・・。

Democracy



インストールはいつもどおり、お好きな方法で。コマンドラインからでも、Synapticからでもインストールできるはずです。

sudo apt-get install democracyplayer



ちなみにこのソフト、今はMiroというものに変わっているみたいです。でも、PPC版Linuxではうまくインストールできません(ぼくはDemocracyだけで十分やりたいことができているので別にいいですが)。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。