スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PPC版LinuxでYouTubeを見る 

久々の更新です。

LinuxをOSXと一緒に使いはじめて、大抵のことはLinuxでもできることがわかってきています。使い易さはやっぱりOSXのほうが断然いいですが、慣れればLinuxでも平気ですね。むしろ、ぼくは昔から自分でいろいろいじくるのが好きなので、もっといろいろ知識が増えれば今以上に楽しめると思う。

ただ、どうしようもないのが、Flashです。Gnashというのをインストールすれば少しは解決するというのは、PPC版Linuxを使っている人はほとんどが知っていると思うけど、実はこれだけでは、かの有名なYouTubeは見られない。ページは表示されるようにはなるけど、ビデオは再生されない。これじゃあ意味がない(笑)

今まではYouTube対策としては、まずGnashを入れて、その後FirefoxをVideoDownloaderを入れていました。動画を落としてから、そのファイルを再生して見ていました。でも、これは2度手間。YouTubeにアップされているチュートリアルなど、なにかと見ることが結構あるので、なんとかならんもんかと数ヵ月考えていたところ、やっと簡単に身る方法を見つけました。

使うソフトは、Democracyというもの。何とこのソフト、YouTubeだけでなく、GoogleVideoやYahoo! Videoまで見れます。すごいソフトを見つけてしまった(笑)これではパソコンから離れられなくなる・・・。

Democracy



インストールはいつもどおり、お好きな方法で。コマンドラインからでも、Synapticからでもインストールできるはずです。

sudo apt-get install democracyplayer



ちなみにこのソフト、今はMiroというものに変わっているみたいです。でも、PPC版Linuxではうまくインストールできません(ぼくはDemocracyだけで十分やりたいことができているので別にいいですが)。

スポンサーサイト

OSX側のファイルをUbuntu側に持ってくる 

今日はパーティション間のファイルのやりとりについてです。

デュアルブートしている人は、パーティション間でファイルのやりとりをすることが多いと思います。僕もよくOSXとLinuxの間でファイルをやりとりします。

例えば、最近InkscapeとかGimpでお絵書きして遊ぶことがあるのですが、OSXだとこれらのソフトは日本語入力の設定が面倒くさい。Ubuntuは最初から日本語化されているから、苦労なくできます。一方、PPC版のLinuxは動画編集のソフトが少ない。OSXには最初からiMovieという素晴らしい動画編集ソフトがあるので、動画を作るときはOSX側を使う。このように目的によって使うOSを分けているので、どうしてもファイルのやりとりが必要になってきます。

やり方はいくつかあると思います。一番わかりやすい方法は、USBメモリなどに書き込んで、それを他方のOSで読み込むこと。ただ、この方法の不便な点は、再起動が必要な場合が多いこと。例えば、Ubuntuをいじっているときに、OSX側にあるファイルが必要になったときは、一度再起動してOSXを立ち上げ、USBメモリなどに必要なファイルを書き込み、もう一度再起動してUbuntuを立ち上げてからUSBメモリからファイルを読み込まなければなりません。正直、面倒ですね。

もうひとつの方法は、Ubuntuを起動したまま、OSX側のファイルを持ってくる方法。最初は、この方法に全く気づきませんでした。コマンドラインを使えば簡単に実現可能なはずですが、僕はそんなにバリバリにコマンドを使いこなせるわけではありません。基本的にGUIだけど必要になったらCUI、ぐらいの人間です。なんとかGUIでできないものかといろんな部分を探してみて、やっと見付けました。

1. パネルの上で右クリック。F12を押してもいいです。
2. パネルへの追加を選ぶ。
3. システムとハードウェアの中のディスク・マウンタを選んで追加。
(下図参照)



ファイルやりとり2


これだけです。実際にファイルを持ってきたいときは、追加したアイコンをクリックして「~(←パーティションの名前です)をマウント」をクリックすればOSXのパーティションをマウントできます(下図参照)。後は、持ってきたいファイルを見つけてUbuntu側にドラック&ドロップするだけです。

ファイルやりとり1


ただ、この方法ではアクセス権の関係で、Ubuntu側のファイルをOSX側に持っていくことはできません。そこで次回は、OSXを起動しているときに、Ubuntu側にあるファイルをそのまま持ってくる方法を書きます。

Amarok 

今日は、Amarokについて。

iTunesよりも高機能だと一部で言われているAmarok。Ubuntuで使おうとしても、今まで起動できませんでした。インストール自体は問題なく終わるけど、起動しようとしても、落ちてしまう。ちなみに、インストール方法は例のごとく、以下のようにする。

$ sudo apt-get install amarok



しょうがないので、そのままほっといたのですが、前回、JREを入れるとき、Medibuntuのレポジトリを追加したところ、アップデータが起動して、その中にAmarokのアップデータもありました。アップデートしたら、Amarokがあっさり起動できた。あれまあ。なんとうれしい誤算。

まだ使い方は十分理解してないので、少しずつ慣れていこうと思います。

Medibuntuのレポジトリの追加方法は前回のエントリを参照してください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。